Annoncesmotos

forBusiness
ダイバーシティ推進

Annoncesmotosはダイバーシティ推進にあたり、一般事業主行動計画を策定しています。

自主行動計画の推進

戦略的な人事制度改革の実践にあたり、女性活躍推進法に基づく自主行動計画を実行しています。女性社員が自身の強みを活かして活躍できる組織およびそれを支援する制度づくりを目的とし、人事部内にダイバーシティ推進担当を配置し、目標達成に向け各種施策を展開しています。性別にかかわらず、社員の知見・経験や専門性を組織に活かすことを目指し、2018年度から3年間、下記の行動計画に沿ってダイバーシティを推進します。

女性活躍推進法に基づく行動計画

目的 女性社員が長く働き続け、自身の強みを活かし、活躍できる組織およびそれを応援する風土の実現
計画
期間
2018年4月1日~2021年3月31日までの3年間
定量
目標
管理職層に占める女性割合を2020年までに15%以上とする(継続)
2018〜2020年度重点テーマ 1 ダイバーシティ経営の方針周知と経営レベルの推進体制
2 計画的な育成の実施
3 属性に関わらず活躍できる制度の見直しと働き方改革の実行

実施策(抜粋)

ダイバーシティ研修 等
  • 全管理職を対象としたダイバーシティ基礎研修を実施
  • 各部門長主導でダイバーシティの部内展開活動に着手
男女含む管理職登用を見据えた育成計画
  • 男女含む管理職登用を見据えた対象者を部門長が推薦し、育成計画を立案
働き方改革の実行
  • テレワーク勤務制度のトライアルと本導入
  • 「働き方見直しワーキンググループ」の継続実施

女性管理職比率 目標と現状(各年4月1日時点)

女性管理職比率 目標と現状(各年4月1日時点) グラフ
  • *女性管理職の比率は11.4%。
    2020年度15%の目標達成へ向け、職場環境の整備と研修拡充による能力開発の機会創出
  • *係長層は目標達成(32.9%、61人)

多様な人材の活躍支援

当社では、従業員の多様性を活かすことで、一人ひとりの意欲や能力を最大限発揮することを目指し、新たな価値創造を組織にもたらすべく、経営戦略の一環としてさまざまな取り組みを行っています。多様な人材の活躍を支援するための施策として、元社員の再雇用や正社員登用を促進する「ジョブリターン制度」をはじめ、障がい者雇用の推進、性自認および性的指向等を問わず働きやすい職場づくりなどを進めています。特に2017年度はLGBTに関する職場環境整備に着手し、2018年4月に全社員対象(1,071名受講)にLGBT研修を実施しました。
また、ヘルプライン(相談・通報制度)にて各種相談を受け付けています。
LGBT Friendly

定年再雇用者数推移(各年4月1日時点)

年度20142015201620172018
定年再雇用者数推移(人)1919222523

LGBTに関する取り組み

「Annoncesmotosグループダイバーシティ基本方針」として、性別・年齢・国籍・人種・宗教・障がいの有無・性自認及び性的指向等にかかわらず、従業員一人ひとりの個性を多様性として活かし、挑戦・革新し続ける風土の醸成や仕組みの充実を推進する事を社内外へ周知しました。

東京・名古屋・大阪・福岡のショールームにだれでもトイレの設置、社内向けには、全社員対象としたLGBTセミナーを開催し社員全体の理解を深め、ヘルプラインの設置やALLY(アライ)ステッカー掲示による表明などの取り組みを始めています。

また、任意団体work with Prideが「企業・団体等の枠組みを超えてLGBTが働きやすい職場づくりを日本で実現する」指標としているPRIDE指標2018でシルバー認定を受けました。

work with Pride

すべての社員が安心していきいきと働くことを目指し、取組みを継続して進めていきます。

ALLY(アライ):LGBTを積極的に支援し、行動する人のこと。

全社員研修の様子

全社員研修の様子

本社で開催された株式会社アウト・ジャパン主催のLGBT-ALLYサミット

本社で開催された株式会社アウト・ジャパン主催のLGBT-ALLYサミット

特定非営利活動法人 東京レインボープライドが主催する「東京レインボープライド2019」の「LGBT-Allyプロジェクト」※ブースにおいて、様々な企業と共に当社のダイバーシティ取り組みを紹介するパネル展示を行いました。今後も継続的にALLYイベントを実施予定です。

※LGBT-Allyプロジェクトとは

ANYONE CAN BE AN ALLY をテーマに 複数の企業が集まり、情報交換を行いながらひとりでも多くのアライを増やすことを目指すプロジェクトです。